ISR型エアボールリフター技術情報

クリーンルーム用エアボールリフタ「ISR-C型」、一般用エアボールリフタ「ISR型」「ISR-T型」は以下のような特徴があります。

ISBエアボールリフタとは

高精度加工されたボールトランスファーにエアシリンダを組み合わせ、搬送物をエア圧力でテーブル上面から持ち上げ、360°の水平方向に移動及び回転させることができる経済的でかつ使い易い省力化機器です。

主に金型の段取り替え時に使用されています。

エアボールリフター

スムース(始動抵抗値は2/100以下)
エアボールリフター

リフト能力に対し、最適なボールトランスファーを組み合わせており、高精度加工と相まって、始動抵抗値は最大荷重時においても2/100以下です。(搬送物底面=SS400相当)
たとえば、200kgの搬送物でもわずか4kgの力で移動や回転させることができます。


荷重と溝形状に合わせた選択について

軽荷重用の38mm幅タイプ、中荷重用の50mm幅タイプに加え、重荷重用として50mm幅タイプにリフト能力をアップさせたダブルピストンタイプの3種類をシリーズ化しています。
他にも、「T溝形状」にあわせた「ISR-T型」3種類もシリーズに追加しましたので、広い用途に対応します。

エアボールリフター

長さの選択について

各ボールトランスファーは独立したシリンダブロックで構成しており、これを連結していますので、以下のとおりピッチで長さを選択することができます。

  • ISR型=50mmピッチ
  • ISR-C型=50mmピッチ
  • ISR-18T型=80mmピッチ
  • ISR-22T型=90mmピッチ
  • ISR-28T型=120mmピッチ

また、オプションのコネクションブロックにより、ボールリフタ同士を連結でき、1m以上の長尺仕様にも容易に対応できます。
(エアの給排気に要する時間に制限がなければ、何本でも連結できます)


ISBエアボールリフター仕様

▲耐圧
0.9MPa(9.18kgf/cm^2)

▲使用圧力範囲
0.05~0.6MPa(0.51~6.12kgf/cm^2)

▲使用温度範囲
-5~80℃(但し、ドレン凍結なきこと)

▲使用流体
エアー及び不活性ガス


推奨回路図
■1.通常の回路(強制下降をさせない場合)

推奨回路図:通常の回路

上記回路で、各ボールの荷重が以下リストの場合は、搬送物が下降しません。推奨回路図2を用いて負圧により強制下降させてください。
  • ISR-38型:50N(5.1kgf)以下
  • ISR-50S型:70N(7.2kgf)以下
  • ISR-50D型:70N(7.2kgf)以下
■2.強制下降回路

強制下降回路

注)電磁弁を使用する場合は、下降時間をタイマーで調整し、その後中立位置に切り替える制御回路としてください。



Copyright © 2011 IGUCHI KIKO CO.,LTD. All rights reserved.